メニュー

ユーザー車検ってどんなもの?簡単って本当?!

ユーザー車検はどうして安価なの?

車を持っていれば、2年か3年かに一度訪れる車検。結構な出費になってしまうので、自分で車検を受ける「ユーザー車検」が気になる人もいますよね。この安価でできるユーザー車検とはどのようなものなのでしょうか。車検は運輸支局で検査してもらい、車の検査を受けること。この運輸支局に自分で車を持ち込んで検査を受けることで、本来ディーラーなどに支払うはずの代理手数料などが発生しないものです。このユーザー車検をするのには、事前に車のメンテナンスを行っておくことが重要でしょう。

ユーザー車検はどうやればいいの?

検査に合格するだけのメンテナンスが行われている車であれば、ユーザー車検は大変なものではありません。車検項目は8項目ほどありますが、自分のチェックだけで心配であれば、運輸支局の近辺に有料で予備チェックを行ってくれる検査場もあるので利用を考えてみると良いでしょう。また車検を受けるためにはまず、運輸支局へ予約することになりますが、車検の行われる曜日は平日のみとなっているので、注意が必要。自分の仕事の都合などを考え、ゆとりを持って予約しましょう。

ユーザー車検で必要なもの!

検査場で必要な費用は大きなもので重量税、自賠責保険料、検査手数料。また、持参する書類は車検証、自賠責保険証明書、自動車税納税証明書の3つです。費用の重量税は車の重さによって金額が変わってくるもの。事前に車検証などで自分の車の重量を調べることによって計算することができます。また、納税証明書は自動車税を納めて3週間経過していること、滞納していないことの2つが揃っていれば提出しなくても良いもの。このように全て自分で手続きを行うユーザー車検で大切なのは、日程に合わせた車の整備と、当日に持って行く費用と書類の準備と言えるでしょう。

エネオスで車検を依頼することで、サービスの利用の旅にポイントが貯まることや、専門のスタッフから助言を受けられるメリットがあります。