メニュー

車検の基礎について知っておきたいこととは!?

車検の値段はどれくらいか

車を新車で購入した場合は、3年後に車検を受けることになります。それ以降は2年おきに車検をすることになりますが、車検は費用が高いのが欠点です。普通乗用車であれば、1回車検をすると10万円かそれ以上のお金がなくなります。なぜそれほどまで高いのかと疑問に思う人もいるでしょう。毎年3万円から4万円の税金を払っている上に車検代も支払わないといけないとすれば、かなりの出費になります。できるだけ支払いたくない気持ちも在るでしょう。

車検の重要性について

車検はお金がかかるので受けたくないという人が多いはずです。では、車検とはどのような役割があるでしょうか。それは、整備不良をなくす目的です。外国の交通事故の動画と日本の交通事故動画を見ると、事故の原因が大きく異なっていることに気がついた人が多いでしょう。脇見運転や居眠り運転、強引な運転などは共通していますが、日本の事故の場合、整備不良で起こす事故がほとんどないのです。これは、まさしく車検のおかげと言うことができます。

車検を受けないとどうなるのか

車検を受けることは法律で決められています。もし、車検を受けたくないなら車を手放すしかありません。車を所有する以上は車にかかるガソリン代や税金、そして車検費用について支払うことができない場合は乗る資格がないのです。では、車検を受けないとどうなるでしょうか。車検自体は法律で決められていますので、車検が切れた状態で自動車を公道で走らせると罰金や懲役刑、そして車の免許の点数が6点引かれることになるので注意が必要です。

車検とは、公道を走る自動車や自動二輪車(251cc以上)に対して、一定の期間毎(新車時有効期間3年、その後2年)に法律で義務付けられている検査のことです。