メニュー

気をつけて!オーボエの扱い、メンテナンスでの注意点とは?

木製なので、温度と湿度の管理を

オーボエは木製で繊細な楽器で、高額でもありますし、その手入れには是非注意をしてもらいたいところです。まず、オーボエは天然の木でつくられているため、湿度と温度の変化に大変敏感です。気温が低いなかで放置しすぎると、管部分が割れてしまったり、湿気が多いと変形してしまう恐れもあります。そのため、保管場所は湿度と温度が一定の場所と決めておくのが良いでしょう。特に冬場は、冷たくなった楽器に急に温かい吐息が入ることが楽器の負担になるので、楽器を少し手で温めたりして温度に慣れていくまで、演奏を待つことが大切です。

水分、油分の拭き取りはこまめに

演奏したら必ず管内の水分の拭き取りをしましょう。管内に溜まる唾液や、水蒸気を放置していると、上記でも述べたように湿気に弱い楽器のため、管がゆがんだりキーが動かなくなることがあります。管内はもちろん、管のジョイント部分の水分を専用の布でよく拭き取ることが大切です。また、金属製のキーを守るために油分の拭き取りも忘れないでください。これらの拭き掃除は演奏を長時間する場合は、特にこまめにした方が良いでしょう。

月に一度はオイルを使ってのメンテナンスを

月に一度、キーオイルををキーとキーポストの間にさしてメンテナンスをすると良いでしょう。そうすることで、キーの動きをスムーズに保ちます。しかし、この時オイルの量が多すぎたり、こぼれた部分を拭き取らなければ、タンポやコルク部分に付着したオイルがそこを劣化させるなどのトラブルを起こすので、オイルが要らない場所にはみ出たら必ず拭き取ってください。以上のメンテナンス方法に充分注意して、大切な楽器を長期間使い続けられるようにしましょう。

木管楽器ならではのやわらかな音色を持つオーボエは、オーケストラでも欠かせない存在として活躍するほか、ソロ演奏の曲も多数あります。